Plastic Tree、その他メンバーさんの個々の活動の観たものを記憶の限りかくブログ。レポというより覚書きに近いです。割りとグダグダ。
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年08月26日
8/26 MUSIC GENERATION FROM K-WEST 流山おおたかの森SC
竜太朗さんのみ出演
OAしたもので、きいた方もいらっしゃると思うので流れのみを。

前回整理券の配布はありましたが、今回はなし。
18時くらいから人がけっこうきて大体100人くらいはいたかなー。
思ったよりはきました。

ゲスト出演は20分弱でした。
竜太朗さんが白いシャツに中は水色のタンクトップで、黒縁眼鏡をかけてました。
皮膚が少し赤くなっていたので日焼けをしたみたいです。

猫印。をつれてきて、
「それはなんですか」ときかれ、
「まぁ、汚いの事情がからんでるんですけど 笑
プラスティックトゥリーの陰のドンであり、人気ブロガーの猫印。さんです」といってました。
「あ、ブログを書いてるんですね。お気に召したら今日のことも書いてもらえますかね」みたいなことをきかれ、
「あ、はい。ちょっと扱いづらいのでしまいますね」とかいって、
机の中?にすぐ引っ込んじゃいました。笑

そのあと「拍手!」とかいてあるうちわ(お客を煽るよ用)で扇いでて、
「扇がない扇がない」とかいって笑われてました。


今回のラジオのテーマが「わたしがしってる○○の実態」だったので、
竜太朗さんには「バンドマンの実態」というのをきいてました。
「バンドマンの人は意外に地味ーですね。
ステージの上に立ってるとわー(バンドマン)とかきゃー(ファン)って感じなんですが、
それまではスタジオに入って音鳴らしてることが多いので。
レコーディングもスタジオ、リハーサルもスタジオ。
そのスタジオって言うのも地味な場所にあるし。工場とかあるとことか」
DJの林さんに「気晴らしにぱーっと遊ぶこととかないんですか」ときかれ、
「あんま、ないですね。」と答えてました。

あと、3月にメンバーが脱退して、7月に佐藤ケンケンさん(ちょっと笑われてた)が
加入されて、バンドはどのように変りましたか、と聴かれ
「佐藤ケンケンくん、佐藤ケンケンケン(笑)が入ったことによって
変ったこともあるし、変らないこともあります。
ただ、弄りやすい人が増えたなーと」
竜太朗さんは弄るの好きな人なんですか。ときかれ、
「いや、そんなでもなかったんですが、
ほら、3人はもう十何年も一緒にやってるから話ができるじゃないですか。
そこで1人はいってくるとなんか、弄ったほうがいいのかな?みたいな感じになって、
背、小さいねとかいったりして。
したら、そんなことないですよーあははみたいな感じです」といってました。
ファンの方に
「想像できます?」とDJの人がきいて、けっこううやむやな態度だったので、竜太朗さんが
「けっこう酷いいじりようですよ」と笑ってました。

ゲシュタルト崩壊とはどんな意味ですか、というお便りに対し、
「もともと興味深い言葉だったし、調べたら同じ文字を書いていたら違う風に見える、
みたいな意味で、
元々ある曲もきいてくうちに違う風に感じてほしいという意味」だそうです。

曲は梟とリプレイが流れました。

武道館の告知もして、
DJの方に
「ゆるい感じ」とか「いい脱力感」とか最終的に「人柄でファンになりました」とかいわれてました。

最後に今日来てくれた人とラジオの前の人に向けて一言で、
「特に面白いことも話せず、貴重な時間をどうもすみません。
ラジオの前できいてるどこかのあなた様も、
曲きいていいなーと思ったらライヴでお会い出来たら幸い至極です」みたいなことをいってました。


こんな感じです!
スポンサーサイト
Login

Designed by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。