Plastic Tree、その他メンバーさんの個々の活動の観たものを記憶の限りかくブログ。レポというより覚書きに近いです。割りとグダグダ。
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年03月30日
3/29 Kyaji presents ノリノリナイトvol.2 渋谷O-CREST
dateyou のみレポ
set list
1,reborn
2,justice does not approve of it
3,future world
4,twleve-fifty-five
5,dance a dance
6,ラジオスターの悲劇(カバー)
7,flee the ***
8,excuse

(本家更新されて、セットリスト間違ってたら修正します;)

曲メモとMC
reborn
幕がない状態での転換でして、
date youはOAを入れて三組目で、
他のバンドの方と同じようにメンバーでセッティング。
非常に緊張感のない状態で暗転して、
でも音が鳴った瞬間緊張感が走りました。
水谷氏は眼鏡。
N氏は髪切ったかな?ストレート。
オーキ。さんと金子さんは普段どおり。
金子さんがアヒル口で叩いてるのに気がついてしまいました。

justice does not approve of it

MC
水谷「英語のスピーチ。
(カタコト)こんばんはdate youです。
不景気のニュースが多い中、こんなにたくさんの人に集まっていただき誠にありがとうございます。
こんなに人がいっぱい集まったということは、
わたしの財布もいっぱいということです。
わたしの頭の中はお金です 笑
今日はナノサウンドミュージアムのドラ息子のカジ君にお招きいただき……」
オーキ「お前、人様にお呼ばれされたんだから言葉に気をつけろよ」
水谷「OHー。(忘れてしまいました)」

future world
久々にライヴでやったからか、アレンジが全然違いました。
水谷さんのギターが。
N氏とのハモリがあったり、サビ以外のところは盤と全然違う感じです。
N氏が間違えて笑っていたのが可愛らしかった。

twleve-fifty-five

dance a dance
新曲です。本邦初演奏!
ポップでテクノで可愛らしい感じ。

-MC-
水谷「今日は大中は新しいアルバム?CDという媒体を持ってきています」
オーキ「(小声で)マキシ」
水谷「マキシを持ってきています。マキシってなに?」
オーキ「(小声で)さっき、(なんとかなんとか/聞き取れませんでした)っていってフンッていってたじゃねーか」
水谷「おっ。今のを翻訳すると、
わたしが先ほどわからない言葉があって、
それを彼にどういう意味ですかって訊いたらそんなこともしらねーのか、
人間としてクズ(此処だけ片言じゃなくなった)だとかいわれて……」
オーキ「お前、俺を貶めてどうするつもりだ」
N「いやぁ、盛り上がってるねえ……。
わー!ってなったり、シーンってなったりサ」
オーキ「どこが?」
N「俺らもさあ、MCバンドって言われたりするわけですよ。
ウケたいなら、ウケるための努力をしろとかいわれたら、
あの人(水谷さん)に努力しろってことなんですよ」
水谷「わたしはどうしたら」
オーキ「ほら、ね。困ったときの水谷さんなわけですよ」
(会場あーとかおーとか)
水谷「その「あー」っていうのはなんなの?」
会場「アンパンマン」
水谷「アンパンマン?もう、訳がわからない!顔取れないし、助けられないし……」
N「今だ!今曲に入れば盛り上がるぞ! 
(水飲んでるオーキ。さんを見て)一人くつろいでる人いるし」
水谷「(オフマイクでカタコトでなしに)もう普通に入っちゃうよ!
(カタコト)えーちょっとした余興の曲をやります。恥ずかしげもなく人様の曲をやります。
レディオスターの悲劇」

6,ラジオスターの悲劇(カバー)
N氏が裏声でコーラスをやってらした!
アレンジがかっこよかった。
最後のサビの前の水谷さんが神々しかった。

flee the ***
みんな飛んだりはねたりしていて楽しそうでした。

水谷「最後の曲になりました」
会場(微妙な反応)
水谷「最後の曲になりました」
会場「えー」
水谷「最後の曲になりましたが盛り上がっていくぞ!」
会場「えー!」
N「なんなの?!押したら引く、引いても引く、引いたらよける(動作つき)みたいな感じなのは」
N氏と水谷氏が二人でそのやりとりをオフマイクでする。
オーキ「おい、マイク使って喋れ!
あ、今後の予定とか」
水谷「え?訊いてません」
オーキ「俺も知りません」
N「俺も知りません 笑」
水谷「でも、世の中には携帯電話はpersonal computerなど便利なものがあります。
それで、大中と検索すると、雑貨屋さんが出てキマース笑」

excuse
水谷さんとN氏が向き合ってギッコンバッタン的な動きをしたり、
曲の途中で水谷さんが指を上げたり。
楽しそうでした。
スポンサーサイト
Login

Designed by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。